ファスティングの心得

プチ断食をする女性

普段、私達の内蔵は、次から次へと入ってくる食べ物を消化・吸収するために、休まずに働いています。

断食を指定を空っぽにすると、これまで消化・吸収に費やされていたエネルギーが代謝に回ります。


すると、腸に溜まっていた老廃物が排出されたり、肌のターンオーバーが促進されたりと、嬉しい変化が起きることから、断食は健康に良いとされています。

しかし、何も食べないで長時間過ごすのは、ヤッパリつらいもの。そこで、消化に優しくカロリーの低いグリーンスムージーだけを飲んで過ごす、プチ断食に挑戦してみてはいかがでしょうか。


ストレスが少ないので、断食を終えてからのリバウンドの心配も殆どありません。

効果には個人差がありますが、、むくみが取れる、下腹が引っ込む、肌にハリが出るなど身体的なことの他、気持ちが落ち着くといった精神的なものも。
注意深く自分を観察して、変化を楽しみましょう。最初は1日から始め、慣れてきたら、1日半、2日と期間を伸ばしてみても。心身をリセットするつもりで、定期的に行うと良い状態を持続できます


ファスティング(置き換えダイエット)のルール


無理はしない

体調を観察しながら行い、強いストレスや、不快感を感じる場合は中断しましょう。持病が合ったり、普段から薬を常用している人、妊娠中、授乳中の人なハドは事前に専門家に相談してください。


スムージーは何杯飲んでもOK

ファスティング中は、朝昼晩の食事のタイミングにこだわらず、お腹が空いたらいつでもスムージーを飲みましょう。何種類飲んでも構いません。


激しい運動はしない

過度にエネルギーを使う行為はサケ、本を読んだり、DVDをミたり、のんびりと過ごしましょう。

またなるべくストレスを感じないようにすることも大切です。


生理前、生理中は避ける

生理前、生理中はホルモンバランスが乱れ、体調が不安定になるので、効果も現れにくくなります。

ファスティングをするのは、生理が終わってからにしましょう。


前後1日は、3食のどれかをグリーンスムージーにする

食べる量が急激に変化すると、内臓がびっくりしてしまいます。ファスティングはゆるやかに始め、ゆるやかに追えるようにしましょう。ファスティングの前後の1日は、3色のうちのどれかをグリーンスムージーにし、それ以外の食事も、和食を中心としたカロリーの低いものにするとよいでしょう。


グリーンスムージー以外のモノは食べない

たとえ、雨やガムでも、糖分が含まれているため、食べないほうがいいでしょう。清涼飲料水も同様です。ちょっとだけと手を伸ばすよりも、紀伊パリとけじめを付けたほうが気持ちよく過ごせます。
トップページにてグリーンスムージー通販ランキングを紹介中!

当サイトでは、ネットで人気のグリーンスムージー通販ランキングを紹介しています!

トップページ画像

トップページにて、ネットで人気のグリーンスムージー通販ランキングを紹介しています!
実際に飲んでみた感想つきで紹介していますのでぜひともランキングを参考にしてみてください!
トップページへはこちらから飛びます
グリーンスムージー通販ランキング